MENU

ブログ

Blog

エコーで診る四十肩


私どものクリニックには、からだのあちこちが痛くて仕方のない方がよく訪れてくださいます。外傷や年齢に伴う骨や筋肉の変化にともない、様々な症状をお伺いします。


体の痛みの中で最もポピュラーなものの一つに肩の痛みがあります。
おそらく人生の中で一度は、すべての人が体験するのでないかと思うのが、いわゆる四十肩、五十肩というものではないでしょうか。

私自身、40台半ばに差し掛かるころにある日突然肩が痛くなって肩より上に腕があげられなくなったことがありました。その当時は毎日大きな手術をしておりましたので、腕が上がらないことは大変困ったことでした。当時は専門のDrに相談しても、基本的に運動療法であると指導されましたので、痛みに耐えながら教えていただいた運動を繰り返しておりました。

しばらくすると嘘のように痛みが消えたので大変驚いたのを覚えています。ただ、そのあとに肩の運動制限が残っていることはあまり意識しませんでした。今でも肩の運動制限(可動域制限)は残り、十分に腕を回すことはできませんし、帯むすびなども苦手です。そういうものだと思っていましたが、ハイドロリリースの治療を通じて四十肩・五十肩のケアに触れてみると全く違う世界はあることに驚きました。

一般に四十肩・五十肩で語られてしまう肩の痛みを伴う運動制限ですが中身は結構多彩です。

従来のX線のみの診断だと石灰沈着性腱板炎と変形性肩関節症しか診断できませんが、超音波検査を用いると、骨ではない軟部組織の異常である腱板断裂、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎、腱板疎部炎などの障害を認知することが可能になります。
これだけある肩の障害にに対して、四十肩五十肩でのくくりならば画一的な治療しかできません。

当院では、以上のことから、診断にはX線と超音波を併用し、超音波ガイドによる注射療法と、薬物療法、物理療法を同時に行っています。

以前のハイドロリリースの項でも申し上げましたが、超音波診断装置(エコー)を用いることは、注射薬を入れたい場所に入れることができるという意味で従来のランドマーク法をはるかにしのぐ方法です。

また、ランドマーク法では到達しにくい、微妙な構造物へのターゲッティングも可能で、関節内注入だけでなく、腱鞘や靭帯などに必要なだけ注入できるメリットは非常に大きいものです。

上記の多彩な疾患に対しても、それぞれに必要な治療部位を選択して注射を行います。

非常に多くの人が人生の過程で経験する四十肩・五十肩を的確な治療でできるだけ早く軽快させ、より長く肩の痛みの少ない人生を送っていただきたいと思います。
肩の治療は、診療時間内であればいつでも施行いたしますので、ご相談ください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ