ブログアイコンBLOG
ハイドロリリース
LINEアイコンお友だち追加
MENU

リハビリテーション科

Rehabilitation

リハビリテーション科とは

病気やけがで生じた障害を、理学療法や物理療法などを通して回復・改善させ、残された機能を最大限発揮できるようにサポートする診療科です。 当クリニックでは現在、器械を用いた物理療法のみを提供しております。今後はハイドロリリースの効果を最大限に引き出すために人の手によるリハビリテーションを導入していく予定です。

対象となる主な症状

  • 肩が痛い、上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーションなど

リハビリテーション科で行う治療

運動療法

体の全体または一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指す治療のことです。予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。理学療法士や柔整師の指導のもと負担の少ない運動療法を行うことによって自然治癒力を高めます。準備が整い次第、当クリニックでも提供させていただきます。

物理療法

物理的作用を加えることによる体の治療です。マッサージや、温熱・寒冷・電気療法(患部に電流を流す治療)などがあり、麻痺の回復や鎮痛などを目的に行われます。

・牽引(けんいん)療法

体のある部分に引く力を加えること(牽引)によって、首や腰を引っ張ることで重力によるストレスが解消し、筋のストレッチを行うことで痛みの軽減をはかります。頸椎や腰椎の慢性化したトラブルにも効果があります。

・電気療法

神経や筋肉を効果的に刺激することにより、高い痒痛緩和や筋肉増強効果が得られ、広く用いられています。神経や筋肉等を刺激し、随意運動能力の回復を目的に使用します。血流が増加し、痛み発生物質や老廃物を排泄し、栄養が供給され、局所症状も改善します。当クリニックでは低周波治療器、中周波治療器がそれに対応します。

・超音波療法

超音波による組織障害の解消もリハビリテーションには有効な方法ですが、当クリニックに設置しておりますのは、骨折の早期治癒に貢献するオステオトロンという超音波治療器です。現在保険上は難治性骨折(手術を受けたもの)に適応があります。通常の骨折の方でも効果ありますので、ご相談ください。ねんざの早期治療にも有効であるという論文も発表されています。

・温熱療法(ホットパック)

温かい物質で幹部を覆うことにより、その部の組織を過熱して治療に役立てようとする温湿布の総称です。血管拡張作用のあるヒスタミン物質の分泌により皮膚の毛細血管が拡張して、皮膚内の血流は2倍以上になります。このことにより血行が促進され、痛みの産物が除去され痛みが軽減されます。

理学療法士による治療

リハビリテーション施設基準獲得のお知らせ

2021年1月4日より理学療法士(PT)の常勤勤務が開始します。理学療法士によるリラクゼーション、運動療法、ストレッチ指導などの治療を毎日終日受けていただけるようになりました。

理学療法士:森田隆剛
理学療法士:森田隆剛

理学療法士からのごあいさつ

以前から知遇のございました古山院長のもとで、みなさんの理学療法を担当することになりました。このたび、ふるやまクリニックのリハビリテーション施設基準3(運動器・脳血管)獲得にともない毎日終日のセラピー提供が可能となりました。クリニックに通われているみなさんの‘もうちょっと、そこの痛いのを何とかして。もうちょっと楽にうごきたい’に手が届きますよう、これまでの診療経験を生かして治療に当たりたいと思います。
八尾出身の八尾在住です。同じ河内の住人として、地域の健康増進に、そしてふるやまクリニックのモットーである『いつまでもじぶんのあしで歩くために』を確かなものにするため尽力いたす所存です。よろしくお願いします。

経歴

2016年 大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科卒業
2016年 理学療法士免許取得
2016年 東生駒病院入職
2020年 運動器認定理学療法士取得
2020年 脳卒中認定理学療法士取得